北九州市民球場は、北九州市で唯一プロ野球が開催される球場です。このページでは、北九州市民球場、三萩野球場それぞれの施設概要についてのご紹介。

メニュー
北九州市民球場

施設概要について

北九州市民 みんなの球場

昭和32年 9月25日 小倉球場として誕生以来、 現在に至るまで、北九州市で唯一プロ野球が開催される野球場として市民に親しまれる。 今後も、スポーツを通じて市民の皆様に『夢』や『感動』を提供する場をご用意していきます。

北九州市民球場 スタンド1

所 在 地 〒802-0065 
福岡県北九州市小倉北区三萩野2-10-1
電話 093-941-7770
竣工 昭和32年 9月15日
球場管理 北九州野球株式会社
最寄り駅 北九州モノレール 香春口三萩野駅
収容人数 20,000人 (内野 12,600人 外野 7,400人)
敷地総面積 39.670平方メートル (12,000坪)
建築面積 建坪 1,806.7平方メートル 延坪 2,098平方メートル
観覧席 内野 5,318.6平方メートル 外野 3,498.8平方メートル
グラウンド面積 12,320平方メートル
グラウンド一周 400m
ホームベースより両翼 92m
ホームベースより中堅 119m
照明 鉄塔 6基 (高さ40m)
1基あたり 108灯
(メタルハライド 200V 1KW 72灯 高圧ナトリウム 940W 36灯)
照度 - バッテリー間 4,200ルクス 内野 3,700ルクス 外野2,600ルクス

施設概要について

三萩野球場の施設概要についてご説明いたします。

所 在 地 〒802-0065 
福岡県北九州市小倉北区三萩野3-3
電話 093-941-7770
竣工 昭和32年 4月1日
敷地面積 10,108㎡(両翼92m、中堅122m)
照明 6基
その他 スコアラー席(屋上に観客席18席)
改修状況 平成15年から平成17年 神嶽川調整池築造工事の復旧により全面再整備
平成18年4月1日より再開
ページトップ